R33 スカイライン
Question no.1 車輌型式の違い
R33系のボディ型式にはENR33 ECR33 ER33 HR33 の4種類が有ります。2ドア/4ドアの大きな違いを除き、ボディ形状は全て同一ですが、H8.1.22(1996)以降の後期型はボディパネルに一部変更が有ります。エンジン型式(ターボ/NA)による外観上の違いは無く、全てのエアロパーツが装着可能です。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
エアロパーツ装着の可否について(1:フロント)
2ドア/4ドア共にフロント周りのボディパネルは共通です。
但し前期/後期の関係からはボンネット、ヘッドライト、グリル、バンパーが変更され、共用で使用されるのは左右フェンダーのみといった特徴が見受けられます。
イーストベアーではこのボディ形状の違いに対応した(前期専用タイプ)(後期専用タイプ)のフロントバンパー及びフロントグリルを用意し、違和感を感じさせないフィッティングを心がけています。
尚、前期/後期の純正バンパー形状変更に伴いレインホース(バンパー内の構造材)も当然ながら変更を受けています。前期レインホース形状に関しては上下寸法の大幅な違いによりGT-Rタイプのフロントバンパー形状におさまりきらないと判断し、別売専用レインホース(\23,100)を使用しての取り付け方法を採用。逆に後期型はよりスリムな形状のレインホースを使用している為、若干の加工を施す事によってフロントバンパーの取り付けが可能です。

フロントバンパー
取り付けの際にはレインホース加工が必要です。
ウインカー、ダクトネット等付属。 フロントグリル
ボンネット/ヘッドライトの形状に合わせ前期/後期それぞれに専用の設定が有り、純正交換タイプ。
ボルトオン
エアロパーツ装着の可否について(2:サイド)
左右ドア形状及びフロント/リアフェンダーにかけては前期/後期共に共通 です。
NEWタイプサイドステップ
2ドアのみ。ダクトの付いたタイプです。(要穴開け)
エアロパーツ装着の可否について(3:リア)
2ドア/4ドアの違いに関してはバンパー、フェンダー、トランクパネル全てにおいて形状、寸法共に共通 で使われる部品は有りません。
前期/後期の変更に関しては4ドア車のみリアコンビランプとセンターガーニッシュのデザイン変更を受け大きく印象が異なります。
バンパー形状等は同一です。
※2ドア車リア周りは前/後期を通じての変更は有りません。

リアマットガード
リアバンパー両脇下側へかぶせる形態での取付けを行ないます。(要穴開け)
リアウイング
2点支持タイプの純正リアスポイラー装着車を前提に、既存の取り付け穴を使用するボルトオン型式のリアスポイラーです。

エアロパーツ装着の可否について(その他)
エアロミラー
2ドア車(前/後期)のみの設定です。
フロントピラー及びフロントドアガラス形状の違いにより4ドアへの流用はできません。
※GT-Rに取り付け可能なパーツは?
ENR33 ECR33 ER33 HR33とBCNR33の共通パーツはウインドウガラス、左右ドア(4ドア車は前側ドアのみ)リアコンビランプのみです。フェンダー形状の違いからボディパネルに関するエアロパーツの流用はできません。(特にフロント周りのパーツに関してはオーバーハング寸法を含めた形状の違いにより前期ノーマルのヘッドライト以外の純正部品の流用さえできません。)
BCNR33専用パーツ
カーボン製センターウイング(ボルトオン)《エアロミラー、クリアウインカーのみ流用》